AIを活用した農作物

日本の稲作は、四季に応じて、繊細な土の管理が必要!
この稲は、野生には、棲息しない、日本人に与えられた伝統的食物!

 

手がかかりすぎて担い手が減る一方であった稲作に光を与えるプロダクト
となることを期待する。

 

もちろん大阪万博への日本からの出品の有力候補となることが予想される。

 

For rice cultivation in Japan, it is necessary to manage delicate soil according to the four seasons!
This rice is a traditional food given to Japanese who do not live in the wild!

 

Product that gives light to rice cultivation which hands are too large and carry-over has decreased
It is expected to become.

 

Of course it is expected to be a promising candidate for exhibition from Japan to the Osaka World Expo.

 

?于日本的水稻?植,有必要根据四季来管理脆弱的土壤!
??米?是?不住在野外的日本人的??食物!

 

?手太大和??的水稻栽培?予光的?品?少了
??会成?。

 

当然,它有望成?从日本到大阪世博会展?的有希望的候?人。

 

農業機械の販売やメンテナンスなどを手掛けるヤンマーアグリ株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:北岡裕章)は、2018年10月から自動運転トラクターを順次発売すると発表した。経営の大規模化や就農者の減少・高齢化による人手不足といった課題を抱える農業分野において、自動運転技術が大いに貢献しそうだ。

情報源: 高い?安い? 1072万円で畑の革命…自動運転トラクターをヤンマー発表 | 自動運転ラボ

page top